三河国一之宮砥鹿神社
 
夏越・年越大祓

トップ

里宮

西参道大鳥居

奥宮

ご参拝・ご祈祷
参拝作法について
ご祈祷について
八難八方除け
おついたち詣り・月詣りのお勧め

家庭の祭り

お札・お守り

夏越・年越大祓

本宮講

えびす講

崇敬会

教化活動
氏子青年会
敬神婦人会
砥鹿神社剣道教室
一宮とが交通少年団


交通安全推進事業

参集殿結婚式場

アクセス

お問い合わせ




トップ > 夏越・年越大祓
  夏越・年越大祓のご案内
大祓神事(おおはらえしんじ)とは

人は体が汚れるのと同じように、心も汚れていきます。
本来鏡のように綺麗であるべき心もその汚れにより曇りが出てきます。曇りができた心は、体に悪い影響を及ぼし病の元となります。大祓神事は、常に清らかな気持ちで日々の生活をする為、この穢れ(けがれ)を御神威により祓い除いて、心身共に清く明るく楽しく生業に勤しむ為の神事です。

神事の中で人形(ひとがた)を頭、胸、両腕、脚へと撫でおろし最後に人形に息を吹きかけ、自身の穢れを人形へ移し、身も心も清らかにして頂きます。

大祓神事:お一人様神事祈祷料1,000円(神事参列自由)
6月夏大祓 6月夏越大祓:6月30日午後4時、奥宮は午後2時
神事の中で、茅の輪(ちのわ)くぐりを執り行います。 茅の輪をくぐることで穢れ(けがれ)を茅に移して無病息災、家運隆昌、災難防除を祈願します。
12月年越大祓 12月年越大祓:12月31日午後4時、奥宮は午後2時
神事終了後は拝殿にて1年を締めくくる除夜祭(1年間の無事を感謝する神事)が執り行われます。
昔より六月三〇日の大祓を夏越の祓と申します。六月の夏越の祓へする人は千歳の命延ぶといふなり(拾遺和歌集より)動画のように左、右、左とこの茅の輪をくぐって、身についた罪や穢を祓い気分も清々しく御一家の健康と繁栄を砥鹿の大神様に、お祈りいたしましょう。

神社では毎日午前10時より「大祓詞浄書会」を開催致します。
これは、崇敬会の文化講座の一環として開催するもので、すべての災いを祓う「大祓詞」の意味を知り、大祓詞を浄書し、唱える実践講座です。

 □開催日時: 毎日午前10時より
 □場所  : 砥鹿神社社務所
 □お申込み: 開催日前日までにお電話にてお申し込み下さい。
 □お問合せ:(0533)93-2001
 □参加費 : 1,000円
 
 
トップ
里宮
摂社・末社
里宮の歴史
年中祭典神事
境内案内
日本一のさざれ石
西参道大鳥居
奥宮
末社
奥宮の歴史
年中祭典神事
本宮山の道しるべ
境内案内
「麦とろ会」「そばの会」
ご参拝・ご祈祷
参拝方法について
ご祈祷について
八難八方除け
おついたち詣り・月詣りのお勧め
家庭の祭り
神棚
祖霊舎
お札・お守り
夏越・年越大祓
本宮講
えびす講
崇敬会
氏子青年会
敬神婦人会
砥鹿神社剣道教室
一宮とが交通少年団
交通安全推進事業
参集殿結婚式場
神前結婚式の意義
神前挙式
披露宴
披露宴会場
アクセス
お問い合わせ


Copyright 2012 砥鹿神社. All rights reserved.
当Webサイトをご利用のお客様は、利用条件およびプライバシーポリシーにご同意いただいたものとみなされます。