三河国一之宮砥鹿神社
 


トップ

里宮

西参道大鳥居

奥宮

ご参拝・ご祈祷
参拝方法について
ご祈祷について
八難八方除け


家庭の祭り

お札・お守り

夏越・年越大祓

本宮講

えびす講

崇敬会

教化活動
氏子青年会
敬神婦人会
砥鹿神社剣道教室
一宮とが交通少年団


交通安全推進事業

参集殿結婚式場

アクセス

お問い合わせ




トップ > ご参拝・ご祈祷 > おついたち詣り・月詣りのお勧め
 

砥鹿神社では、毎月一日の午前6時に宮司の奉仕により「お朔日詣り」の一番祈祷を行い、家内安全・身体健全・諸難防除等の祈祷を致しております。
毎月祈祷料二千円以上お納め下さい。お申し込みは社務所まで。

元旦より月毎の守御幣(まもりごへい)を祈祷後に授与致します。
この御幣は毎月の生活の指標であり、参拝の励みになります。
家内安全・商売繁昌・厄難消除・・・を祈って神棚・床の間・玄関等へお祀り下さい。


睦 月
(1月)

白梅御幣

 

年頭は、白梅の如く清らかに、澄んだこころで

如 月
(2月)

白銀御幣

 

雪を戴いた霊峰本宮山は、豊年の兆し

弥 生
(3月)

若緑御幣

 

新芽の伸びる勢いは、生命の萌出る力の証

卯 月
(4月)

桜 御 幣

 

桜は五穀豊穣を予祝する神の木

皐 月
(5月)

菖蒲御幣

 

菖蒲は端午の節句に厄除け魔除けとして用いる

水無月
(6月)

紫陽花御幣

 

紫陽花は鬱陶しい梅雨の清涼剤

文 月
(7月)

桃 御 幣

 

桃の果実には邪気を祓い、若返りの力あり

葉 月
(8月)

松葉御幣

 

松は長寿と不変の象徴

長 月
(9月)

黄菊御幣

 

菊は長寿の薬効があり、重陽の節句には菊酒を戴く

神無月
(10月)

稲穂御幣

 

黄金色に輝く稲穂は、五穀豊穣の印と共に神恩感謝の印

霜 月
(11月)

紅葉御幣

 

「このたびは 幣もとりあえず 手向け山 紅葉の錦 神の随に」
紅葉の錦は、正に己が赤心の証

師 走
(12月)

南天御幣

 

年末は、南天にあやかり穢れを清め、難を転じて長寿を祈る

 

 
トップ
里宮
摂社・末社
里宮の歴史
年中祭典神事
境内案内
日本一のさざれ石
西参道大鳥居
奥宮
末社
奥宮の歴史
年中祭典神事
本宮山の道しるべ
境内案内
「麦とろ会」「そばの会」
ご参拝・ご祈祷
参拝方法について
ご祈祷について
八難八方除け
おついたち詣り・月詣りのお勧め
家庭の祭り
神棚
祖霊舎
お札・お守り
夏越・年越大祓
本宮講
えびす講
崇敬会
氏子青年会
敬神婦人会
砥鹿神社剣道教室
一宮とが交通少年団
交通安全推進事業
参集殿結婚式場
神前結婚式の意義
神前挙式
披露宴
披露宴会場
アクセス
お問い合わせ


Copyright 2012 砥鹿神社. All rights reserved.
当Webサイトをご利用のお客様は、利用条件およびプライバシーポリシーにご同意いただいたものとみなされます。