三河国一之宮砥鹿神社
 


トップ

里宮
里宮/摂社・末社

里宮/年中祭典神事
里宮/境内案内


西参道大鳥居

奥宮

ご参拝・ご祈祷
参拝作法について
ご祈祷について
八難八方除け
おついたち詣り・月詣りのお勧め

家庭の祭り

お札・お守り

夏越・年越大祓

本宮講

えびす講

崇敬会

教化活動
氏子青年会
敬神婦人会
砥鹿神社剣道教室
一宮とが交通少年団


交通安全推進事業

参集殿結婚式場

アクセス

お問い合わせ




トップ > 里宮 > 里宮の歴史
 

 「但馬続風土記」によれば、神代大己貴命は国土を開拓し、諸国を巡幸されて 但馬国朝来郡赤淵宮にお移りになって、更に東方三河国に向かわれたとあり、社伝にはその後命は「本茂山(ほのしげやま)」(本宮山)に留まって、この山を永く神霊を止め置く所「止所(とが)の地」とされたとある。
 そして、里宮に大神が鎮まるに至った経緯を、「三河 国一宮砥鹿大菩薩御縁起」(天正二年)は次の様に伝えている。
 文武天皇の大宝年間に天皇の病を鎮める為、草鹿砥公宣卿が勅使として 「煙巌山」に使わされた。公宣卿は三河の山中において道に迷うが、この時出 現した老翁の導きにより無事祈願を果たし、天皇の病も平癒された。天皇はこの老翁に礼を尽くすため、再度この地に勅使を使わされた。 公宣卿は再び三河国本茂山に入って老翁と面会し、その望みにより山麓に宮居を定めることとなった。その時老翁は衣の袖を抜き取り、宝川の清流に投じ

たが、公宣卿はこれを追って山を下り、山麓辰巳の方の岸辺に留まった袖を 取り上げて、七重の棚を作り七重の注連縄を引廻らして斎き祀ったのである。 古くから朝廷の崇敬篤く、文徳天皇嘉祥三年に従五位下とあり、順次神階を進め、貞観十八年には従四位上に至った。こうして平安時代には、「延喜式内社」に列せられ、次いで三河国の国司が国内神社に巡拝奉幣する筆頭神社「一之宮」となったのである。
 その後江戸時代に入っても周辺藩主の信奉篤く、文政十年に正一位が授けられ、また明治四年には国幣小社筆頭に列せられた。

 
 
 

 
トップ
里宮
摂社・末社
里宮の歴史
年中祭典神事
境内案内
日本一のさざれ石
西参道大鳥居
奥宮
末社
奥宮の歴史
年中祭典神事
本宮山の道しるべ
境内案内
「麦とろ会」「そばの会」
ご参拝・ご祈祷
参拝方法について
ご祈祷について
八難八方除け
おついたち詣り・月詣りのお勧め
家庭の祭り
神棚
祖霊舎
お札・お守り
夏越・年越大祓
本宮講
えびす講
崇敬会
氏子青年会
敬神婦人会
砥鹿神社剣道教室
一宮とが交通少年団
交通安全推進事業
参集殿結婚式場
神前結婚式の意義
神前挙式
披露宴
披露宴会場
アクセス
お問い合わせ


Copyright 2012 砥鹿神社. All rights reserved.
当Webサイトをご利用のお客様は、利用条件およびプライバシーポリシーにご同意いただいたものとみなされます。